湯平の林道で、アナグマを発見しました。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしは Wonder Wonder



CAMERA:NIKON Coolpix P6000にて動画撮影

ニホンアナグマ(日本穴熊、学名:Meles meles anakuma)は、ネコ目イタチ科アナグマ属に属するアナグマの日本産亜種。独立種とする説もある。

日本の本州、四国、九州地域の里山に棲息する。11月下旬から4月中旬まで冬眠するが、地域によっては冬眠しないこともある。 体長は40 - 50cm。尾長6 - 12cm(地域や個体差により、かなり異なる)。体重4 - 12kg。指は前肢、後肢ともに5本あり、親指はほかの4本の指から離れていて、爪は鋭い。体型はずんぐりしている。 食性はタヌキとほとんど同じであるが[1]、木の根やミミズなども掘り出して食べる。 巣穴は自分で掘る。

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2010-12-08 22:29 | 玖珠町・九重町