沖縄そば屋のチャンポンとは?!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

I ate the local home cooking of Okinawa Prefecture today. The name of the dish is called OkinawaChanpon.It was very delicious.
e0097678_1531031.jpg

メンソーレ ハイサイ 本日は「沖縄チャンポン」を皆さんにご紹介します。
1月25日は、朝10:00挾間町の中古住宅を案内し、幸先良く買受申込みを頂く。
気分良々で午後からは、大阪から来た自然農業ができる物権をお探しのお客様を大分空港までお迎えに行き、物件案内のあと、大分空港近くの城下町杵築市内を飛行機の待ち時間まで観光案内してきました。遠方からのお客様は、大分空港までお迎えに行きますのでご安心ください。
帰りは杵築市内の国道を走っていると沖縄料理の店の看板が目に付き、立ち寄ることにしました。沖縄そばを食べたいとお店に入って、メニューみると「沖縄チャンポン」と書いてあるではありませんか。さっそくその沖縄ちゃんぽんを注文するとご飯の上にチャンプルが載った料理が出てきました。チャンポンといえば長崎チャンポンを代表に麺類と思いきや、ところ変われば、品変わるでしょうが、、、
※写真をクリックすると拡大しますので、どんな具が入っているかお確かめください。
人情味ある おじさんとおばさんの経営するお店でした。ブログ用に写真を一枚とお願いしましたが、笑顔で断られました。オーナー紹介はまたの機会にということで、、、
沖縄ちゃんぽんを食したあとは、別府で温泉とサウナに入浴して帰路につきました。本年も、珍しいものには、とにかく飛びついてみる好奇心旺盛な一年になるよう努めて行きます。お楽しみに!
e0097678_14465412.jpg

「ところで、沖縄チャンポンのお味は?」
もちろん、GOO!でした。  Next は、今度こそ沖縄そばのソーキそばにチャレンジする予定です。
沖縄そばおばーのすば家, 0978-63-0064, 大分県杵築 市大字杵築665-546
[PR]

by ohta034 | 2009-01-27 14:37

今週の由布岳

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

e0097678_15524434.jpg
今週の由布岳 寒波の影響でご覧のとおり、頂上付近は霧氷で大寒状態です。
当日は、リフォームの見積もり立会いのため湯布院町を訪れました。多分、寒波の影響で日中は0度近い気温の風の冷たい一日でした。 リフォームのお世話もしておりますのでその節はお電話でも良いのでご連絡ください。
撮影日時2009.01.24 AM11:30

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-01-26 20:22 | 湯布院/由布院

赤い狩人

My favorite CD is introduced. It is a movie The Fox sound track.
今年の私のテーマソングは、ゴダイゴプロデュースで、町田義人が歌う「赤い狩人」といたします。長いこと日本映画視聴者新記録保っていた映画「キタキツネ物語」の主題歌です。アルバム自体も、まとまりがよく、今月改めて 何十年かぶりに聞いたのですがとても完成度の高いアルバムです。 映画自体も「自然」の気高さを真っ正面から捉えた名作ですが、音楽も負けず劣らず素晴らしい。音自体も全然色あせもなくてGODIEGOって凄いバンドだったことが分かります。ご参考までに、、アマゾンで注文 ¥1500-でした。
このサウンドトラックは、大自然を前にして聞くと一段とその良さが伝わってきます。
e0097678_125844.jpg

♪愛よ、お前は凍った心溶かす 太陽に挑む赤い狩人  炎のようさ 太陽の秘密奪う 明日は燃える ♪終わりのない旅さ 太陽がある限り走り続ける俺の 明日を照らすだろう。

テーマソングの意味、、私のipod歴については前のblogにも書きましたが色々と私の生活の一部になって使用しています。今年は、この曲をテーマに選んだことは、勝負の時はこの曲を流して気分を整えたいと考えております。ipodは主に車の中で音楽を聞いたり、CD BOOKのセミナーを何度も聞いたり、永年飽きもせず、また上達もしない英会話のテキストを流して楽しんでいます。あと、昔懐かしい映像をyoutubeで取り込んだりしています。今年は、落語にもチャレンジしたいと思ったりしております。毎度、、ばかばかしいお話を、、、、と、、一席設けたりして、、、

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-01-09 17:07

2009.01.01 AM7:30 初日の出

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

2009年今年は南九州から明けましておめでとうございます。
e0097678_1248513.jpg

I have been to see sunrise on New Year's Day. The place of photography is Toicape of Miyazaki Prefecture in the south Kyushu in Japan.
初日の出を求めて南九州まで行って来ました。はじめは、鹿児島県の“開門岳”山頂からの初日の出を期待して天気予報を気にしながら移動していましたが、残念ながら曇り空で初日の出は見れそうもありませんでした。しかし、太平洋側は晴れると友人(藤野君ありがとう!)からの情報で宮崎県都井岬まで足を伸ばしました。おかげで何とか初日の出を見ることができましたが、今年は雲が厚いくて赤い太陽は望めませんでしたが輝く太陽を撮影することができました。今年も宜しくお願い申し上げます。
初日の出を拝み、駐車場に戻ると地元の歌手 浜崎奈津子さんがキャンペーンで新年早々マイクを手に歌を披露していました。ちゃっかり、一緒に写真に写ってもらったりしちゃいました。
海、鳥、大地 生命 南国の自然、魂、、、人、命、、、、とか色んなテーマがこの曲にこめられていると感じてCDを購入しました。元旦の日はこの曲を何度も繰り返し聴きながら南国の空気を満喫して車で移動しておりました、、、、浜崎奈津子さんがありがとうございました。この曲を聴くと南九州の香りが伝わってきますよ。
「海と大地~伝説~」http://www.city.kushima.miyazaki.jp/original/imagesong/sora_main.htm 
上記URLからスクリーミングできます。宜しく。
e0097678_10171875.jpg

Mt. Kaimondake is called " Satuma Fuji." Seen, it certainly looks like Mt. Fuji. 
その後で当初の目的であった鹿児島県の開門岳を目指し、九州南端を鹿児島湾沿いを車で移動しました。途中には、桜島あり、そこからフェリーで市街地へ そこから南へ下り 開聞岳へ。
山はエネルギーが湧き出ているパワースポットと感じています。登山口に到着した時 とにかく行ける所まで行こうというエネルギーが自分の中から湧いているのを感じ登山靴と雨具に着替え登山口を出発しました。しかし、開門岳の麓に到着したのは13:10過ぎと遅く私の今の体力を計算して山頂まで3時間、下山に2時間は掛かると判断、又山頂付近はガスと霧氷、時より霙交じりの霧雨が降っていましたので今回は5合目までということであえて課題を残し帰って来ました。下山の後は、指宿温泉の温泉館にてサウナと温泉で体を癒しリフレッシュしました。4月頃までには山頂からの写真をこのブログで発表きることを望んでおります。

e0097678_9404043.jpg

※「桜島フェリー」桜島と鹿児島市をむすぶ近距離のフェリーです。
15分おきに運行しているフェリーなので、乗船や下船も実に能率的に行われます。
桜島側の入り口は有料道路と同じ作りの料金所になっていて、ここで乗船料を払うとそのままフェリーに乗り込みます。乗船時間は10分か15分くらいで対岸に到着します。15分おきに桜島から鹿児島市を行き来しています。数席のフェリーとすれ違いました。※料金は、私の小型普通車で1,070円でした。

※今回私が訪れた南九州は「海と大地~伝説~」の国でした。
今回初めて鹿児島県を訪れました。大分県はまだまだ西日本といった地域性を持ったところですが、鹿児島、宮崎の南部は、南日本といった地域性を感じました。
日本本土の南端に位置し外洋に接していることを肌身で感じると、守ってもらうのではなく自分で「どげんかせなならん」気持ちが湧いてくる気持ちが分かります。そして、この地の人々が深い愛国の精神に満ちていることが当然と思えて来ます。また、昔ながらの家並みには薩摩特有の石垣が残り、門構えには日の丸が掲げられ、その他にも、例えば、植生の違い、海岸道路にはフェニックスが植えられ、一部の海岸ではマングローブ自生しているところなどあり、ところどころには大きな木が残っていて、今回は新たな発見をした旅でした。本年も多くのありがとうの言葉を発せられる年と成り感謝に満ちた一年となりますように!九州の良いところを沢山紹介しますので九州田舎暮らしブログも宜しくお願いします。
[PR]

by ohta034 | 2009-01-03 09:31