都会の中の自然公園の森の中にある店舗、ギャラリー兼店舗

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

都会の中の自然は、凝縮していますね。ここは、福岡市西区の愛宕神社の参道前にある 喫茶&ギャラリーを経営するクライアントの自宅内の店舗から撮影した写真2枚です。
※愛宕倶楽部
http://www.cafetribe.com/webpage/cafefile/atago/atago.html
e0097678_1518625.jpg

都会の中の癒し空間もまた、コンクリートの建造物と自然の対比も一段と自然の良さを感じさせてくれますね。
e0097678_1518292.jpg

例年7月はサギの産卵と子育ての時期で、室内からその様子を観察できます。室内には、バードワッチング様の望遠鏡が備えられ、その様子も楽しむことができます。本物件自宅からは、配下に見える自然公園の森の中を自然にできた遊歩道があり、四季折々の変化を楽しむことができます。まさにここは福岡のWONDER WONDERですね。
[PR]

by ohta034 | 2009-08-31 16:05

毎年秋の恒例の秋の旬の味覚が、国道210号線に登場!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

e0097678_1355169.jpg

由布市庄内町は、梨の名産地です。毎年この時期になると庄内町の中央部を東西にはしる国道210号線には、梨を中心とした朝採れたばかりの旬の梨の生産者直売の露天が10軒近く出店します。
例年の比べ、日照時間の影響で糖度が今ひとつ と思いきや旬の味は格別! WONDER WONDER.
梨の生産者直販露店の出店時期=時期、8月上旬~l10月いっぱいくらいまで。
[PR]

by ohta034 | 2009-08-28 13:12

大分の田舎町から九州の大都市 博多へ行ってきました。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

e0097678_16495342.jpg

久しぶりの博多は、大分の田舎町に住む私にとって大きな都会でした!
昨日(8月26日)、福岡市内の中心部にある 自然公園に隣接する都会の中にある物件を弊社ホームページに掲載する取材の為、大分の田舎町から大都市である福岡市街の都市高速ハイウェイを走って来ました。久しぶりに都市高速を走ったので慣れぬ高速道路での運転は少しドキドキでした。
まさにお登りさんの一日となりました。福岡はデカイ!

※九州大分自動車道 九重インターチェンジから、福岡市街の都市高速の料金所まで約1時間10分の所要時間でした。時間的には、意外に近い印象を持った日帰りの主張でした。
[PR]

by ohta034 | 2009-08-27 16:49

湯布院の街中にある毎日通える楽しい温泉施設(クワハウス)を発見!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

今日のWONDER WONDER NEWSは、湯布院町の中心街にある「健康温泉館クアージュゆふいん」です。今、私の最高にお気に入りの健康施設です。
☆ゆふいん温泉館「クアージュ」
☆健康温泉館 クアージュ
e0097678_11341855.jpg

運動浴、アクアサウンド浴、打たせ湯、サウナ 冷水浴など10種類もの入浴法が体験できるユニークな温泉を利用したクアハウスで充実した市民の為の健康施設。今月から私もメンバーになり、週のうち半分以上仕事帰りに利用しています。温泉ジャグジーで十分体を温めてサウナでリフレッシュして、爽快な気分を味わうのが大方の日課です。温泉も屋内、露天風呂とバラエティーに富んでいます。ところで気になる利用料金ですが ビジターだと1回800円(由布市民300円)ですが、メンバーになると、何と一月2,000円(年間会員18,000円)で1日何回でも利用できてこの値段。こんなに安く健康ランドが身近に利用できる由布市民は恵まれています。これもみんな豊富に湧き出る温泉のおかげですWONDER WONDER!

温泉総湧出量全国順位
順位、温泉地 都道府県 湧出量(l/m)
1位 、別府温泉郷 大分 94,841
2位、 奥飛騨温泉郷 岐阜 44,299
3位、 由布院 大分 40,647
4位、 草津 群馬 31,582
5位、 伊東 静岡 24,778
参考までに、、、
[PR]

by ohta034 | 2009-08-22 11:34 | 湯布院/由布院

九重飯田高原は野鳥の宝庫です。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

本日のWONDER WONDER NEWSは、広葉樹に囲まれた高原のサマーハウスで野鳥の観察をする荒谷(大分市在住)さんの別荘からのレポートです。
自宅のウッドテラスに野鳥の餌場を作り、ほんの身近で野鳥の観察を楽しむ荒谷さん(荒谷さんは田舎暮らし物件探しのクライアントです)の森の別荘にお邪魔して来ました。広葉樹が茂る森の中の別荘地では、野生のままの野鳥の姿が身近で観察できるんですよ。ここ九重飯田高原は、九州の軽井沢と呼ばれる避暑地でもあり、平地の湿度の高い蒸し苦しさからは別世界です。私も、荒谷さんの奥様が淹れてくれた美味しいCOFFEEを頂きながらCAMERAを片手に野鳥観察と楽しい一時を過ごして来ました。
e0097678_13195997.jpg

自宅のウッドテラスに、野鳥のために餌場を作り、ひまわりの種をいただきに来たヤマガラ。こんな身近で、手の届きそうな距離で野鳥が観察できるなんて、ご存知でしたか。この日に現れたのは、ヤマガラ、ゴジュウカラ、シジュウカラの3種類でした。冬場の餌の少ない時期になると、餌を手の平に乗せるとその餌を採るために手の平に乗ってくるとのこと。これぞまさにWONDER WONDERですよね!
e0097678_1325866.jpg

撮影日時2009.08.15 AM11:00 撮影場所:由布市庄内町阿蘇野 荒谷さんのサマーハウスのウッドテラスにて ※場所的には,ここはほとんど飯田高原一部ですが、撮影場所は由布市と九重町の町堺であります。

■ヤマガラ(山雀、学名:Parus varius)は、鳥綱スズメ目シジュウカラ科シジュウカラ属(ヨーロッパ等で曖昧な根拠でPoecile属とする説も近年見られる)に分類される鳥類の一種。
■ 形態
平均値は全長15~16cm(日本本土の亜種の場合)。頭や喉の羽毛は黒い。翼、尾羽の羽毛は青味がかった灰色。背や腹の羽毛は主にオレンジ色である。名前の由来は、山吹色の体色より。最大亜種であるオーストンヤマガラ(P. v. owstoni) では、側頭部がオレンジ色になる。
■ 分布
日本では北海道、本州、四国、九州の主に平地~低山地に生息する。多くの図鑑では、留鳥と記されている。しかしながら、本種の個体が長距離の移動を行った事例も明らかになっており、分散に関するより充実した研究が必要であろう。


■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-08-16 13:25 | 玖珠町・九重町

8月のJR久大本線の由布院駅と南由布由駅間には涼しそうなトロッコ列車が毎日走っています。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

今回のWONDER WONDER NEWSは、JR由布院駅を走るトロッコ列車です。
e0097678_10163285.jpg

撮影場所:由布市湯布院町 JR久大本線 由布院駅 2009.08.03.PM1:20分由布院駅で由布院の物件をご案内するお客さんを由布院駅前で待ち合わせしていたら1番ホームにトロッコ列車が停車しているではありませんか、それだけで楽しそうな雰囲気が辺りを包んでいました。さっそく、カメラを車に取にもどり撮影した1枚です。8月はJR由布院と南由布由駅間に涼しそうなトロッコ列車が毎日走っています。街を歩けば人力車あり、馬車が走りまるで、由布院盆地全体が温泉を中心としたテーマパークのようです。

毎日5往復 大人200円 子供100円
時刻表は以下のとおりです。

由布院発 11:16 11:50 12:45 13:18 14:21
南由布着 11:24 11:58 12:53 13:26 14:29

南由布発 11:29 12:02 12:58 13:30 14:33
由布院着 11:37 12:10 13:06 13:38 14:41


※最近、ブログでWONDER WONDERという言い回しを使用しています。なぜかと言いますと毎週土曜日NHK総合テレビPM10:00~10:49 山口智充・神田愛花 両名司会の番組がとてもお気に入りなので、その番組のコメントの後にWONDER WONDERという口調のノリがとても気に入ったからです。そこからちょっこら借用したわけです。     http://www.nhk.or.jp/wonder/
[PR]

by ohta034 | 2009-08-04 10:09

山道では蝶が盛んに舞っています(その2)

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_15133893.jpg

撮影場所:由布市湯布院町塚原高原にて CAMERA Nikon D70S

蝶たちはこの季節は活発に動き回るので中々良いアングル撮影できなくて苦労しています。もう少し回り込んで正面から目合わせできるアングルまでもう一歩でした。相手が自然の動物なので忍耐が必要ですね。そんな一枚です。
レンズはNikon micro60mmを使用しています。クリアな画面が再現できるので私のお気に入りの一本です。

ベニシジミ(紅小灰蝶・学名 Lycaena phlaeas)は、チョウ目・シジミチョウ科・ベニシジミ属に分類されるチョウの一種。春に日当たりの良い草原でよく見られる小さな赤褐色のチョウである。
成虫の前翅長は1.5cmほど。前翅の表は黒褐色の縁取りがあり、赤橙色の地に黒い斑点がある。後翅の表は黒褐色だが、翅の縁に赤橙色の帯模様がある。翅の裏は表の黒褐色部分が灰色に置き換わっている。時に白化する場合もある。

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-08-02 15:17