石で出来た橋は、何か人の心を打ちます。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

Anathersky、何か懐かしい風景に出逢った気がします。この石の橋の凄いところは、大正11年、今から73年前に造られて建設当時の姿を今に留めているところですね。安心、そして有意義な社会投資である気がします。いつまでも、存在感を示しながら 後世に受け継がれる良いもの、、この橋は、それに値する気がします。
きっと100年過ぎても同じ風景がここに存在すると思うよWONDER WONDER!!
e0097678_1503975.jpg

撮影場所 豊後大野市緒方町 大野川 原尻の滝から3km下流に本橋はあります。
■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-09-24 15:00

彼岸花、曼珠沙華(マンジュシャゲ)とも呼ばれる。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

彼岸花を背景がボケの効いた構図で撮影したいと思っていたら、良い場所を発見、さっそくCAMERAを助手席から取り出し撮影した一枚です。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_942157.jpg

撮影場所:竹田市直入町下田北 LENS:Nikon 60㎜MICROLENS

彼岸花は、もともと一株の球根から全国に広まったこと知っていました?
これって、WONDER WONDERと思いませんか?

理由は以下のとおりです。

最近の遺伝工学研究によると日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一であり、三倍体であることが分かった。故に、雄株、雌株の区別が無く種子で増えることができないのである。(遺伝子的には雌株である)中国から伝わった1株の球根から日本各地に株分けの形で広まったと考えられるている。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ヒガンバナ(彼岸花、学名:Lycoris radiata)はヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。クロンキスト体系ではユリ科。マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれる。学名の種小名 radiata は「放射状」の意味。別名の曼珠沙華は、法華経中の梵語に由来する(梵語での発音は「まんじゅしゃか」に近い)。
全草有毒な多年生の球根性植物。散系花序で6枚の花弁が放射状につく。日本には、中国か朝鮮半島からの稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まった帰化植物といわれているが、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、あぜや土手に植えたとも考えられる。また鱗茎は薬になり、救荒食でもある。有用植物としての働きを熟知しての運搬の可能性もある。

道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけるが、稀に白いものもある。生長の仕方は独特で、夏の終わりから秋の初めにかけて、高さ30~50cmの花茎が葉のない状態で地上に突出し、その先端に5~7個前後の花がつく。開花後、長さ30~50cmの線形の細い葉をロゼット状に出すが、翌春になると葉は枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えてこない。開花期には葉がなく、葉があるときは花がない。 鍾馗水仙(ショウキズイセン)という黄色の変種が存在する。
[PR]

by ohta034 | 2009-09-22 09:14

生きることは「食」だ!というテーマで撮影いたしました。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

e0097678_11334336.jpg

会社の事務所の裏手の農家では本日のご馳走の準備が行われていました。
昔はどこの農家の庭ではこのような光景が見かけましたが最近では少なくなりましたね。
自給自足、人間が本来、生きることは「食」のおかげという証拠写真です。
これを決して残酷とは思わないでください。ありがたい自然の恵みと思えるか、、、、それが大切なことなんですが、、、、 唐揚げ、チキンナンバン、鳥天、、、、 
撮影家としては、篠山紀信の「食」に迫る意気込みで撮影しました。これぞ、食の本質に迫る!激写!!!?

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-09-21 11:36 |

昼時にトラックや作業車が並ぶ、定食屋さんは大盛りそしていつも繁盛!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

本日のランチは、「ドライブインはねやま」でチャンポン定食でした。

昼時にトラックや作業車が並ぶ、定食屋さんは大盛りでうまい店が多いですね。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_17513967.jpg

「ドライブインはねやま」の店の向こうに見えるのが、テーブルマウンテンが、万年山(はねやま)です。

今日は午前中は、玖珠町に売り土地の調査に行って来ました。その帰り丁度昼時でしたので国道210号線九重町粟野にある定食の店「はねやまドライブイン」に寄りチャンポンを注文、、、
ここのお店の特徴は、とにかくここで出てくる定食の量の多さにびっくりします。、、、ご覧のとおり昼時は大賑わい、長距離トラックも良く停まっています。ところで、ここのお店の星の数は幾つかって?ここは星の数ではなくて やはり一番星で行きたいですね!
※ここでのお勧めメニューは、チャンポン(650円)と唐揚げ定食(900円)です。
 ちなみに定休日は、日曜です。

なぜ、今日は昼食のチャンポンの写真がないのか?って、、、、、それは食べた後にブログにしようと思ったわけで、、、、

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-09-16 16:11 |

仕事の空き時間、気分転換の散歩中に今旬の味イチジクをGETTon!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_1516046.jpg

体調管理について
デスクワークが続いたり、長距離の運転が続くと、血流が頭に上り、ちょっとした疲れ、気重になったり、、、
そんなとき、気分転換に毎日の様に続けているのがウォーキングです。ちょっとした仕事の空き時間を利用して会社の周りの農道を日頃良く歩くのですが、、、そんな中でちょっと秋の味覚に道端で出食わしたりします。そして、その収穫がこのイチジクです。要するに、外に出て運動すれば良いことがいっぱいあるということす、、、て云うお話です。まさに、田舎田舎の生活でしょ!仕事に空き時間の散歩中にイチジクをGETTonするなんて!
旬の味覚の採り立ての「イチジク」を写真だけで申し訳ないですが貴方にお届けします。
ちなみに、、、私の毎日のWALKINGの達成目標は、歩数7,000歩以上、時間=1時間以上、距離は5㌔メートル 以上の3のハードルを超えることを健康管理の一つの目安にしています。ところで、私の携帯は万歩計機能の携帯でーす。
WALKINGとイチジク、、、なんだか関係無さそうで、ありえいないが、、何とか結びつけた今日の私のブログの一頁でした。

■Wolfmanohta's Twitter(太田雅士のツイーター)
[PR]

by ohta034 | 2009-09-11 15:23

小さい秋を見つけた!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

秋の進み具合は、稲穂の実り具合を見れば分かりますね。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_16322433.jpg

撮影場所:由布市湯布院町川西 国道210号線より
[PR]

by ohta034 | 2009-09-01 16:36

由布岳山頂から白い煙が?そして、湯布院盆地の田園は、もうじき黄金色ですよ!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

由布岳頂上付近に、白い煙がと思いきや、実は由布岳は別府湾から吹きあがる上昇気流が頂上付近で冷やされモクモクト吹き上げるように雲を製造していたのでした。じっくりと自然を観察すると身近に色んな不思議ががあるんですね。WONDER WONDER!
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_15395732.jpg

9月に入り、由布市湯布院町の由布盆地は、メッキリ朝晩は冷ややかな空気が覆っています。久しぶりの高気圧がやってきたかと思いきや、すでに田んぼの稲穂は刈り入れ準備を整えいました。
[PR]

by ohta034 | 2009-09-01 15:40 | 湯布院/由布院