お勧め温泉No1 日本一の炭酸温泉長湯温泉の「御前湯」

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

久しぶりに仕事帰りに長湯温泉に行ってきました。
温泉通の私がお勧めする温泉の中の王様、長湯温泉「御前湯」
どこか大正レトロの雰囲気が漂うような香りが漂ってきませんか?
e0097678_13135356.jpg

▲入浴方法
体を癒すなら 長くお湯に入って十分体の芯から温まることですが、ここなら1時間以上は入浴できます。
浴室には、42度温泉と30度冷泉の2つの湯船があるので、42度の湯船で体を温め、冷泉で体の熱りを取り、交互に入浴することをお勧めします。
※御前湯にはサウナ、他休憩室等もありますので十分体をケアしてください。

長湯温泉の温泉館「御前湯」の館は、千と千尋の神隠しに出てくる「湯殿」に似ていると思いませんか。温泉の泉質は、乳白色でおまけに高濃度炭酸泉ちょっと浮世離れしたところが魅力的ですよ。
e0097678_1326596.jpg

▲温泉REPORT
長湯温泉街の中心部に位置する温泉療養文化館「御前湯」は洋風の三階建ての建物です。入口は建物の二階で飲泉場があります。中に入ると左手に喫茶室、休憩室があり、。ここでは食事もできます。芹川に面した休憩室は川面を流れる心地よい風が入ってきて一日のんびり過ごすこともできます。
三階の浴場は中央に六角形の大きな内湯が配置され湯口は中心部にあります。その他水風呂(温泉を冷ましたもののようだ)、サウナ、露天風呂、飲泉場、三階の浴場は芹川対岸の緑が目に飛び込んでくる明るい感じです。湯口は析出物びっしりとこびり付いており温泉の濃さがうかがえます。温泉は茶褐色で湯船の底は見えないので中にある段差に気をつけてください。カランの数も多く広々とした感じで窮屈感はないですね。一階の浴場は川面が近く三階の浴場の雰囲気とはかなり違います。メインの浴槽は丸く模られ柔らかい感じの浴場になっています。
内湯の湯温はかなり熱めで42℃位ですかね。いい湯は浸かっていて気持ちが良く長くはいれるのですですよ。ラムネ温泉やながの湯ほどシュワシュワ感はないですがよく温まる温泉ですよ。
▲営業 6:00~21:00 料金 金500円  定休:毎月第3水曜日
「長湯温泉 御前湯」の湯質は以下の通り
マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)で、微弱褐色透明、炭酸味、殆ど無臭、温度 49.1℃、PH 6.7、成分総計4598mg/kg、自噴と分析表に表記されている。
[PR]

by ohta034 | 2009-10-29 13:14 | 温泉

ツリフネ草 芭蕉の句「山路きて、なにやらゆかしすみれ草」の気分です。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( This photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_1402334.jpg

撮影場所:由布市庄内町阿蘇野 農道の脇にて

ツリフネソウ(釣船草、吊舟草、学名 Impatiens textorii )は、ツリフネソウ科ツリフネソウ属に分類される一年生草本植物である。 ムラサキツリフネ(紫釣船)とも呼ばれる

松尾芭蕉の句「山路きて、なにやらゆかしすみれ草」の気分です。
昨年(2008年のツリフネ草)もツリフネ草を掲載しましたが、今年も同じ場所で同じくこのツリフネ草に出逢うことが出来ました。それだけで嬉しさこみ上げて撮影した一枚です。
最初は植物図鑑でこの花の咲き方に、不思議さを覚え、実際にこれを発見した時にその不思議を目の当たりにして感動し、この花を見つけるたびに、何となく楽しくなる気持ちから興味をそそられています。自然の中でしか味わえない一コマ、WONDER WONDER.
[PR]

by ohta034 | 2009-10-12 13:49

幣立神宮は、鎮守の森に守られていました。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

日本神話のふるさと天神降臨の地 高天原に行って来ました。

弊立神宮の紹介ページ
熊本に行ったら、一度は訪ねてみたいところがありました。それは、この幣立神宮です。
幣立神宮を知ったのは最近のことです。九州生まれの私も知らなかった決してあまり有名なところではないところなのですが、教えてくれた方からは「とにかく気が落ち着く場所で、エネルギーを貰えるパワースポットですよ」と聞いたので気になっていたところでした。
e0097678_14464232.jpg

調べてみたところ、この幣立神宮は、高天原神話の発祥の地とされるところでした。縄文杉の様な大きな木が立ち並ぶことでも分かるように、幣立神宮は、鎮守の森に守られ古代から人々に大切にされていることがわかります。
※高天原【たかまがはら・たかまのはら】とは日本神話の天上界を言い、天照大御神【あまのてらすおおみかみ】と須佐之男命【すさのおのみこと】をめぐる神々の物語の舞台となったところです。

九州は神話のふるさと 神々の伝説がいたるところにあり、同じ高千穂の嶺にある高千穂の天照大神が祭られる天岩戸神社があります(車で30分)。


[PR]

by ohta034 | 2009-10-12 11:50

火の国 熊本県に行って来ました。阿蘇山の写真です。

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

隣の県 火の国 熊本県へ行って来ました。 阿蘇山の写真です。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
(This photograph is clicked, it can see by expansion.)。
阿蘇山を北から撮影する。
e0097678_11434658.jpg

隣県の熊本県からもオアシスのホームページを見ましたというクライアントから、売り物件の査定依頼の問い合わせが入り、10月10日は南阿蘇郡高森町へ行って来ました。高森町へ行く途中に撮影した一枚です。
大分県から阿蘇県に入る草原の中に聳え立つ阿蘇山が「ここは熊本ばい」と私を出迎えてくれました。有名なカルデラ火口は山の向こう西側になります。要するに反対側(東から)撮影したものです。
阿蘇山を南から撮影する。
e0097678_1450101.jpg


■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます。
( This photograph is clicked, it can see by expansion.)。
阿蘇山から大分の九重連山を一望する。
e0097678_9273100.jpg

夕方だったので、光の関係でぼんやりとしか撮影できませんでしたが、あの九重連山の向側が、私の住む大分県です。阿蘇山から撮影。

阿蘇山から見た夕日を鏡のように反射する有明海
e0097678_15211214.jpg

注意して見てもらうと分かると思うのですか中央に一本のラインが見えます、おそらく熊本空港だと思います。

九州山地に沈む太陽 大観望から見た夕日。撮影場所:大観望より
e0097678_155975.jpg

[PR]

by ohta034 | 2009-10-12 11:43

赤く燃える朝焼けを背景に豊後富士(由布岳)が

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

モルゲンロート 清らかなる風 静かなる時の中で 地平線の向こうには今から昇らんとする太陽が 夜明け前のPRELUDE 一時の時間帯、これぞ大自然の醍醐味 WONDER WONDER.
【モルゲンロート】Morgenrot{G}. 朝焼け。朝日をうけて雲が赤く染まること。高山でみる朝焼け。Morgen[朝]。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked,if it does you can see pic.by expansion.)。
e0097678_23123953.jpg

2009年10月4日 九州大分県の日の出前 AM5:40 撮影場所:万年山(はねやま)9合目から由布岳を望む

浮世絵にしたいような空と豊後富士のコントラストの写真の出来栄えに十分満足しています。
例えば、江戸時代の人々の浮世絵師、葛飾北斎などの浮世絵の色彩は、身近な自然を良く観察していたことが分かります。ちょっと朝早く起きて、ちょっと高台に登り、身近な自然を観察すると浮世絵の色彩は絵空事ではなく身近にあったことが自分でも納得できました。
[PR]

by ohta034 | 2009-10-04 23:15 | 湯布院/由布院

万年山からのRISING SUN!

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

万年山から見たRISING SUN! 久しぶりに大自然と対話して来ました。
■写真をクリックすると拡大した画像が確認できます
( If this photograph is clicked, it can see by expansion.)。
e0097678_7344147.jpg

2009年10月4日 九州大分県の日の出時間 AM6:10 撮影場所:万年山9合目
[PR]

by ohta034 | 2009-10-04 07:34 | 湯布院/由布院

10月4日自転車レース「ツールド湯平」

九州田舎暮らし、大分県の田舎暮らしはWONDER、WONDER

e0097678_15175437.jpg

2009年10月4日 湯平温泉をAM9:00出発し、久住高原を周回して出発地点に戻る自転車レースが開催されます。
株式会社オアシスも今回のレース協賛して、地元のイベントに貢献しております。
※ツールド 湯平公式サイト

実はこの私は自転車愛好家で、ちょっと前まで、ロードレース参戦を志しておりまして、本格的なロードレーサーとミニベロ(20インチ)の2台を所有しているんですよ。
e0097678_15383239.jpg

念のために、私は今回のレースに私は参加しておりませんので、、、、、いつか、本格的にトレーニングを再開し、トレーニングを積んで本大会に参戦したいと考えています。
[PR]

by ohta034 | 2009-10-02 15:20